9B4BC973-9B73-4035-B422-317F154E4AE5

高齢者免許

Posted on Apr 25, 2019 (Thu) by Kico

痛ましいニュース。

言葉にならない酷い現実。

免許返納の年齢制限を作るべきだと強く思ってしまいます。

福岡の祖父は夕食を食べる為だけにひとりで佐賀県まで出かける程行動力のある人でした。
祖母が先に亡くなり、一人残された祖父のその姿は孫としてはとても嬉しかったし、寂しく塞ぎ込んでしまうのではなくどんどん出かけて欲しいと思いました。

でもある時から祖父の運転に危険信号を感じる様になりました。
車が曲がって来ているのに行こうしたり、慌てて急ブレーキを踏むなど、明らかに視野が狭くなっているように感じました。

もう運転をやめてもらおう。家族の間で何度も話が出るようになりました。
祖父は最初認めなかったけれど、祖父自身にも心当たりが増えるようになり、結果免許返納を承諾してくれました。

でも、それって当人を気にかける周囲があってこそだと思うのです。

危険信号を察知してくれる誰かがいるのか、代わりに運転するからと言ってくれる誰かがいるのか、遠く離れ行けないとしても、地域にこういうサービスがあるからと気にかけてくれる誰かがいるのか、、

サポートがない状態で、ましてや車が無いと不便な状態で暮らしている方々が自ら免許返納なんて難しいと思うのです。

だからこそ、ある年齢から免許返納が当たり前になるよう定めてもらえたらと思ってしまいます。

万が一なんて言葉じゃ済まない。
誰かの人生を奪ってしまってからじゃもう手遅れ。

本当にやるせないです。平成最後の満月の日を決して忘れない。

高齢者に関わらず、事故はどこて起こるか判りません。だからこそ、自分自身も今気をつけられる小さな事に意識を持っていたいです。

運転中の電話、メール、音源交換、、危険は無意識の中に潜んでいると思うから。

This entry was posted in Blog on by . Number: #24.

Recently Entries